8畳間最適化計画

自分だけの、秘密じゃない基地。その備忘録。

【雑談】ボールペン

 

 

ボールペンにハマりつつある。

 

 

いままでペンっていうのは、

 

なんかしらの経緯を経て、必ず手元に一本ある

 

っていうのが自分の中でのペンのイメージだった。

 

 

だからそんなにこだわるまでもなく、あるから使う。って感じで使ってた。

 

学生時代、真面目に勉強してこなかったからか

 

「このペンが書きやすい!」みたいに思ったこともなくて。笑

 

あとたぶん、単純に字が汚いから何使っても一緒だろ。ってのもある。

 

 

一応小学校の時に習字は習ってたんだけど、

 

あれ、毛筆じゃん。

 

筆とペンでまず感覚が違うし、

 

なにより習字の場合は「文字を書くために文字を書く」じゃん。

 

ゆっくりと集中して時間かけて。

 

 

集中力ないなりにちゃんと集中すれば俺でもそれなりに書けたから、

 

左利きだけど、右で書いて初段は取得した。10年以上前だけど。笑

 

だからもし、今も習字続けてたら、

 

書いてて上達するのが自覚できるから、「この筆がいい!」ってなるかもしれない。

 

 

話は逸れちゃったけど、

 

要は普通のペンはそうじゃないから今までこだわれなかった。と。

 

習字と違って、書いても上手くなったりするわけでもなければ

 

左利き故に、どうしても字のバランスが取りづらいし。

(中には左利きでも字が上手い人もいるし、そういう人は本当にすごいと思う。)

 

だからまあ今後も適当に手元にあるペン使っていくかなあって思ってました。

 

 

んで、転機訪れる。

 

 

ことの発端は、今はもう退職してしまった会社。

 

 

学生時代はたぶんほとんどの人が、シャーペン使ってたと思うんだけど、

 

社会人になったらボールペンって感じしませんか?

 

会社の周りの人はみんなボールペン使ってた雰囲気。

 

ビジネスマンの贈り物でも、ペンといえばボールペンとか万年筆。

 

シャーペンもいいけど、どっちがいいかってなったらなんとなくボールペン。

 

 

去年の10月、社内のレイアウトチェンジがあって

 

社員全員がオフィスの身辺整理する事に。

 

そういう時って、先輩が要らない事務用品とかを後輩に「これ要る?」とか聞いたりしますよね。

 

あれで、おれは先輩からボールペン貰ったんです。

 

 

そのボールペン、まず見た目がめちゃカッコよくて。

 

 

会社のタイ支社が出来た記念のペンだったかな。ビジネスマンあるあるなのかな。

 

色が青みのかかったグレーで、メタリックな素材。

 

余計な機能がないシンプルでスタイリッシュなフォルムで

 

ノック式じゃなくて、ペン自体をクルクル回すと芯が入れ替わるアレ。

 

入れ替えた時のカチッて音もいい感じに重くて、

 

生まれて初めて「うわ、このペン。いい。」てなった。

 

文字は言わずもがな汚いままなんだけど、

 

それを使って字を書いてることがなんとなく自分の中で誇らしげで。

 

ずっと使ってた。

 

 

ずっと使ってたら、最近インクなくなった。

 

見た目も機能性もすごく気に入ってたからまだ使いたいって思って

 

替え芯を買いたいから、そのメーカーのホームページが探してみたら、

 

カッコいいペンがめちゃくちゃある。

 

 

しかもやっぱそのペンのメーカーだから、どのペンもカッコよくて。。。

 

しばらく夢中でみてました。単純にかっこいい。

 

 

思えば最近は書き物が好きだからボールペン多用したり、

 

好きなボールペンは〜とか話したり、

 

結構興味が湧いてきても不思議じゃない感じに。

 

 

というわけで、すごく最近ハマりそうです。

 

なんか、自分のこだわりの一本とかあったら楽しそうだよね。

 

ブルータスとかでボールペン特集とかやってくれないかな。